社会保険労務士試験の実施概要(平成26年度版)

*

社会保険労務士試験の実施概要(平成26年度版)

このページでは、社会保険労務士試験の実施団体である全国社会保険労務士会連合会試験センターによって発表された「第46回(平成26年度)社会保険労務士試験受験案内」に基づき、試験の実施概要について紹介していきたいと思います。

試験受験案内


Ⅰ.試験日等

試験日 着席時間 試験時間 出題形式
8月の最終日曜日 9:00
14:00
9:30~13:00(210分)
14:30~15:50(80分)
択一式
選択式

Ⅱ.試験科目

試験科目 択一式
計7科目(配点)
選択式
計8科目(配点)
労働基準法及び労働安全衛生法 10問(10点) 1問(5点)
労働者災害補償保険法(徴収法含む) 10問(10点) 1問(5点)
雇用保険法(徴収法含む) 10問(10点) 1問(5点)
労務管理その他の労働に関する一般常識 10問(10点) 1問(5点)
社会保険に関する一般常識 1問(5点)
健康保険法 10問(10点) 1問(5点)
厚生年金保険法 10問(10点) 1問(5点)
国民年金法 10問(10点) 1問(5点)
合計 70問(70点) 8問(40点)

Ⅲ.合格基準

合格基準点は、選択式試験及び択一式試験のそれぞれの総得点と、それぞれの科目ごとに定めます。各成績のいずれかが合格基準点に達しない場合は不合格となります(合格基準点は、合格発表日に公表されます)。



Ⅳ.試験日程

●受験申込書の受付期間
平成26年4月14日(月)~平成26年5月31日(土)

●受験票の交付
8月上旬

●試験日
平成26年8月24日(日)

●合格者の発表
平成26年11月7日(金)

*試験日程については、第46回(平成26年度)試験のものをご紹介しています。年度によって多少の違いはありますが、全体のスケジュール感はおおむねこのとおりとなります。


Ⅴ.試験地

【北海道・東北地方】
北海道、岩手県、宮城県、山形県
【関東地方】
群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
【中部地方】
石川県、静岡県、愛知県
【近畿地方】
京都府、大阪府、兵庫県
【中国・四国地方】
岡山県、広島県、香川県
【九州・沖縄地方】
福岡県、熊本県、沖縄県

*試験地については、第46回(平成26年度)試験のものをご紹介しています。具体的な会場については年度によって異なってきますので、必ず最新の受験案内を確認するようにしてください。



社会保険労務士試験の実施概要(平成26年度版) 関連ページ

コラム「合格しやすい県・合格しにくい県」
試験の実施機関である全国社会保険労務士会連合会試験センターは、社会保険労務士試験の合格者について、「年齢別」「職業別」に加えて「地域別」のデータも公表しています。これがなかなか興味深いデータですので、ここで簡単にご紹介さ […]
コラム「合格者ランキング」
社会保険労務士試験の平均合格率はわずか8%とは言え、毎年3,000~4,000人の合格者が誕生しているのも事実。これから社会保険労務士試験に挑戦する皆さんにとっては、「一体どんな人たちが合格しているのか?」というのも気に […]
「合格率」に見る、社会保険労務士試験の人気と難易度の実態!!
まずは「論より証拠」ではありませんが、直近10年間の社会保険労務士試験の受験者数・合格者数・合格率の推移から実際にご覧いただき、その上で各項目について詳しく見ていくことにしましょう。 社会保険労務士試験の合格率の推移 & […]
コラム「足きりに引っかからないためにすべきこと」
社会保険労務士試験においてもっとも怖いとされているのが「足きり」です。 例年、選択式試験においては「各科目3点以上」、択一式試験においては「各科目4点以上」という足きりラインが設定されていますが、これを1点でも下回れば即 […]
社会保険労務士試験の合格基準は「足きり」に注意!
これまで見てきた試験科目ならびに出題形式に引き続き、このページでは、社会保険労務士試験の「配点」「合格基準」について確認していきたいと思います。 ちなみに、社会保険労務士試験の「合格基準」については合格発表とともに公表さ […]
3つのポイントで見る!選択式試験の特徴
社会保険労務士試験には「択一式」と「選択式」という2つの出題形式がありますが、このページでは「選択式」を取り上げ、その概要・特徴について解説していきたいと思います。 前のページでご紹介した「択一式」が、5つの選択肢の中か […]
3つのポイントで見る!択一式試験の特徴
社会保険労務士試験には「択一式」と「選択式」という2つの出題形式がありますが、このページではまず「択一式」を取り上げ、その概要・特徴について解説していきたいと思います。 「択一式」というくらいですから、いくつかの選択肢の […]
コラム「科目免除制度を活用しよう!」
「社会保険労務士試験の試験科目を徹底解説!!」のページでもご紹介したとおり、社会保険労務士試験は全10科目からなります。科目ごとに合格基準が設けられているため、1科目としておろそかにすることはできず、よって受験生は10科 […]
社会保険労務士試験の試験科目を徹底解説!! ~社会保険科目・一般常識科目編~
「労働保険科目」をテーマにした前ページに引き続き、このページでは法律科目の中の「社会保険科目」ならびに「一般常識科目」を取り上げ、各科目の概要についてご紹介したいと思います。 <社会保険科目> ⑥健康保険法 業務外で発生 […]
社会保険労務士試験の試験科目を徹底解説!! ~労働保険科目編~
「社会保険労務士試験の実施概要」のページでは、社会保険労務士試験の試験科目について択一式で7科目、選択式で8科目とご紹介しましたが、なかには「雇用保険法(徴収法を含む)」といった具合に、2科目で1科目扱いになっているもの […]