労働基準法はココを狙え!

*

労働基準法はココを狙え!

労働基準法の概要

日本国憲法の中に「賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める」という条文があるのですが、「法律でこれを定める」の「法律」というのが、このページで取り上げている「労働基準法」になります。


労働基準法

労働基準法が定めている「勤労条件」というのはあくまでも「最低基準」。すなわち、「こうありなさい」というものではなく、「これ以上でありなさい」というものです。この大原則を正しく理解していないと、択一式試験の引っかけ問題なんかにも簡単に引っかかってしまいます。

たとえば、入社後6ヶ月で10日の有給休暇が付与されることは、会社にお勤めの方であればよくご存知かと思いますが、「入社して6ヶ月後に11日の有給休暇を付与することは、労働基準法に違反する」といった問題が出題されたとしたら、その正誤を皆さんはどのように判断しますか?

正解は「誤」。「6ヶ月で10日」というのはあくまでも最低基準ですので、それを上回る条件であれば、労働基準法違反にはなりません。


労働基準法の構成と重要単元

第一章:総則
第二章:労働契約
第三章:賃金
第四章:労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇
第五章:安全及び衛生
第六章:年少者
第六章の二:妊産婦等
第七章:技能者の養成
第八章:災害補償
第九章:就業規則
第十章:寄宿舎
第十一章:監督機関
第十二章:雑則
第十三章:罰則


労働基準法は全13章からなるわけですが、労働基準法は労働関係の「基本法」という位置づけにある非常に重要な法律であるため、社会保険労務士試験においても、法律全体にわたって広く出題される傾向にあります。

とは言っても頻出単元というのはやはりあって、具体的には第二章から第四章までがそれにあたります。
さらに絞り込むなら、第二章の労働契約からは「解雇」、第三章の賃金からは「賃金支払いの五原則」、第四章の労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇からは「年次有給休暇」の出題確率がとても高くなっています。



労働基準法はココを狙え! 関連ページ

労務管理・社会保険に関する一般常識はココを狙え!
労務管理・社会保険に関する一般常識の概要 社会保険労務士試験には、 ①労働基準法、②労働安全衛生法、③労働者災害補償保険法、④雇用保険法、⑤労働保険徴収法、⑥健康保険法、⑦国民年金法、⑧厚生年金保険法 という8つの法律科 […]
厚生年金保険法はココを狙え!
厚生年金保険法の概要 「日本の年金制度は二階建て」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、その二階の部分にあたるのが厚生年金です。では一階部分は何かと言うと、それは前のページでご紹介した国民年金。すなわち国民 […]
国民年金法はココを狙え!
国民年金法の概要 社会保険労務士試験の試験科目となっている法律は、皆さんにとって関係性の深いものばかりかと思いますが、その最たるものが「国民年金法」です。 労働基準法や健康保険法なども身近な法律ではあるのですが、どちらも […]
健康保険法はココを狙え!
健康保険法の概要 健康保険法は、日本で最初に制定された社会保障制度であり、社会保険労務士試験における主要8科目(法律)の中でももっとも古い法律となっています。 ちなみに制定当初は、業務上の事由による傷病も取り扱っていまし […]
労働保険徴収法はココを狙え!
労働保険徴収法の概要 労働保険徴収法というのは、社会保険労務士試験の世界で用いられる略称で、正式な法律名称は「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」と言います。 ちなみに「労働保険」というのは、ここまでに見てきた「労災保 […]
雇用保険法はココを狙え!
雇用保険法の概要 ある世代よりも上の方ですと、「雇用保険」と言うよりも「失業保険」と言った方がピンとくるかもしれません。ただし「雇用保険」というのは、失業時の生活保障として給付される、いわゆる失業保険だけでなく、その他雇 […]
労働者災害補償保険法(労災保険法)はココを狙え!
労災保険法の概要 労災保険法の位置づけを理解するうえでは、労働基準法と労働安全衛生法の関係が参考になるかと思います。 労働安全衛生法は、労働基準法における「安全及び衛生」の内容と密接な関係にありましたが、それと同じように […]
労働安全衛生法はココを狙え!
労働安全衛生法の概要 労働基準法の中に「第五章:安全及び衛生」という章がありますが、ここから分離・独立する形で誕生したのが、このページでご紹介する「労働安全衛生法」です。 労働基準法における「安全及び衛生」の規定が抽象的 […]
社会保険労務士試験における科目別対策の極意
社会保険労務士試験の試験科目は、法律科目だけでも、 ①労働基準法、②労働安全衛生法、③労働者災害補償保険法、④雇用保険法、⑤労働保険徴収法、⑥健康保険法、⑦国民年金法、⑧厚生年金保険法 といった具合に8科目もあり、その学 […]