ジェネラリストとしての企業内社会保険労務士

*

ジェネラリストとしての企業内社会保険労務士

企業内社会保険労務士になるための第一歩である「登録手続き」について一通り確認したところで、ここからはいよいよ、企業内社会保険労務士の実際の仕事について見ていきたいと思います。

開業社会保険労務士ならばいざ知らず、企業内社会保険労務士となると、その仕事ぶりを今一つイメージすることができないという方も多いはず。そうした方は、会社員のライフステージを思い浮かべていただけると、理解の手助けになるかと思います。

企業内社会保険労務士

新入社員が最初に体験することになるイベントは「入社」ですが、この「入社」の手続きがまずは社会保険労務士にとって重要な仕事になります。逆に言えば、そうした社会保険労務士の仕事があればこそ、新入社員は会社から「健康保険証」を受け取ることができ、また給料日には「給与明細」という形で、雇用保険料、健康保険料、厚生年金保険料の存在を知ることができるのです。

また、長く会社に勤めていると転職することもあるでしょう。その際に会社から受け取ることになる「離職票」もまた、社会保険労務士の仕事の成果のひとつ。あるいは結婚をして扶養家族ができたときにもらえる、家族分の健康保険証も同様です。
そして定年まで無事勤め上げたのちに支給される「年金」もやはり、社会保険労務士の専門領域ということになります。

以上は、社員目線から見た企業内社会保険労務士となりますが、一方で会社目線から見た企業内社会保険労務士とは一体どんな存在でしょうか?

一言で言えば「社内の何でも屋」とでも言うべき存在。とりわけ人事部や総務部といった管理部門が充実していない中小企業においては、企業内社会保険労務士というのは、社長にとって右腕のような存在になることでしょう。

また、頼りにされるのは社長からばかりでなく、一般の社員からもさまざまな事柄について相談を持ちかけられ、大いに頼りにされるはずです。



ジェネラリストとしての企業内社会保険労務士 関連ページ

コラム:「開業」と「企業内」、目指すならどっち?
このカテゴリーでは一貫して、「企業内社会保険労務士」の知られざる実情と魅力について述べてきましたが、ここまで読んできた皆さんの中には「結局のところ、資格取得後になるとしたら、開業社会保険労務士と企業内社会保険労務士ではど […]
企業内社会保険労務士だからこそできること
同じ社会保険労務士でも、開業社会保険労務士と比べて企業内社会保険労務士を下に見る風潮がありますが、それは大きな誤りで、その企業に対して企業内社会保険労務士だからこそできることが実はたくさんあります。 企業内社会保険労務士 […]
「企業内社会保険労務士」の年間スケジュール
「企業内社会保険労務士の業務あれこれ」のページでもご紹介したとおり、企業内社会保険労務士が行うべき業務は多岐にわたります。加えて、ジェネラリスト的な企業内社会保険労務士なのか、それともスペシャリスト的な社会保険労務士なの […]
「企業内社会保険労務士」の業務あれこれ
企業内社会保険労務士には大きく分けて、社内の人事・労務に関する事柄ならば何でも行う「ジェネラリスト」タイプと、ある特定の業務を中心に行う「スペシャリスト」タイプの2通りがあることをここまで確認してきました。 取り扱う業務 […]
スペシャリストとしての企業内社会保険労務士
前のページでは、会社の中の人事・労務に関する事柄ならば何でも行う「ジェネラリスト」としての企業内社会保険労務士の姿をフィーチャーしましたが、ここではその反対に、ある一定の業務を中心に担う「スペシャリスト」としての企業内社 […]
「登録」のためには、実務経験か講習受講が必要
前のページで、企業内社会保険労務士として登録するために必要な書類として、①社会保険労務士登録申請書、②労働社会保険諸法令関係事務従事期間証明書または連合会が主催する事務指定講習修了書の写し、③社会保険労務士試験合格証書の […]
「企業内社会保険労務士」としての登録方法
前のページでは、社会保険労務士には「開業社会保険労務士」と「企業内社会保険労務士」という2つのタイプがあること、そして社会保険労務士として活動するためには「登録」という手続きが不可欠であることを解説しました。つづくこのペ […]
「開業社会保険労務士」と「企業内社会保険労務士」の違い
皆さんがこれから目指す「社会保険労務士」には2つの生き方があります。「生き方」という表現が少し大袈裟に聞こえるなら「進路」と言い換えても良いでしょう。そしてその「進路」は、遠い将来ではなく、社会保険労務士試験に合格した直 […]
魅力的な「企業内社会保険労務士」の世界
社会保険労務士というと「独立・開業ありき」の資格だと思っている方も少なくないかと思います。確かに実際に、社会保険労務士試験の合格者のうち約6割は「開業」登録者です。しかし裏を返せば、残りの約4割は独立・開業という道を選ん […]